小デブ戦記

アラフィフ男性がおじさんだからわかる人生に役立つ知識・経験をつぶやきます。これまでの転職経歴や肥満との戦についてをお伝えします。

MENU

転職の考え方 ~20代、30代、そして40代以降の転職について~

f:id:cat-cat-48:20220324150723p:plain

こんにちは、トトとチーの父さんです

前回、父さんの転職歴について、記事を書かせていただきました

kodebusenki.cat48.info

 

いくつか問い合わせを頂きましたので、今日も転職についてつぶやきます笑

転職しようかどうしようかなやんでるあなた!

もし、20代、30代であれば、積極的に転職をすすめます

いやいや、内容によっては40代以降のあなたにだって可能性はありますよ

もし、毎日会社に行くのが憂鬱なかたは、このブログを最後まで読んでみてください

 

 

20代、30代の転職について

もし、これを読んでいるあなたが、20代、30代であれば、私は積極的に転職をすすめます

だって、今の会社に不満や不安があるので悩んでいるんですよね

であれば、迷うことはないと思いますよ!

 

悩みの種はきっと以下の事でしょう

  1. 上司や同僚との人間関係
  2. 希望していた部署に配属されなかった(興味のない仕事をさせれている)
  3. 給与が安い、残業時間が長い
  4. 今の仕事でこれ以上学ぶことはない
  5. やりたい仕事が見つかってしまった

 

1~3については、ネガティブな転職理由ですが、1日の大半を会社で過ごすのですからとても重要な問題ですよね

さっさと辞めて、ストレスフリーになることをおすすめします

ただし、転職先のリサーチはしっかり行ってから、転職しましょう

転職先を探し、職務経歴書や履歴書を作成し、企業の面接を受ける、これだけでも結構疲れます

希望の会社をちゃんと探して、新しい会社ではアンマッチとなるリスクは避けるよう気を付けてくださいね

 

4~5で今の会社に満足している方は、悩みますよね!

所属している組織自体には満足しているわけですしね

結論から言えば、転職してやりたいことをやった方がいいと思います

 

ただし、相当の覚悟を持って転職することをすすめます

もしかしたら、今より処遇が悪くなる可能性もありますし、思った通りのスキルを身に付けることもできない可能性もあります

それでも、やりたいことをやる、新しいスキルを身について自分の可能性を試したいというの事であれば、転職は成功すると思います

 

「会社選びに失敗したらどうしよう」と考えている方は、今の会社で新しい部署への異動の道を探るべきかと思います

私の場合、異動の選択肢がなかったので、転職を決意しました

結構もったいない会社だったかなと思うことも、時にはありましたが、転職先で得た経験やスキルを考えると、失敗ではなかったと後悔はしていません

 

社外で通用する技術を身に付けることが、重要だと思います

若いうちはやり直しはいくらでもききますので、是非チャレンジしてほしいです

 

40歳代以降の転職について

あくまでも持論ですが、転職すること自体は否定しません

ただし、条件は相当厳しくなるので、現在保有しているスキルが役に立ち、なおかつ、新しい技術が獲得できる転職をおすすめします

まったく未経験の分野はかなり無謀な挑戦になると思います

 

また、家族を抱えている方もいると思います

お子さんがいれば尚更、色々とお金のかかると思いますので、給与が下がる転職には応じない方がいいと考えています

 

ただ、これ以上今の会社にいても給与が上がる見込みがない、いつ解雇されるかわからないという不安がある方もいると思います

そのような方は、副業やってみてはいかがでしょうか?

会社の規定で一定のルールはあるかと思いますが、今までの経験やあなた自身の強みを生かした副業は必ず存在します

 

それでもなにも思い浮かばないという方は、時間はかかりますがブログやSNS、Yotubeで稼ぐという方法も存在しますよ

(私もブログでお小遣い程度ですが、稼がせていただいています笑)

PCさえあれば、すぐにでも始められ、いつでも辞められるのでおすすめですよ

(稼げるようになるには時間がかかりますが・・・)

 

まとめ

これまで一度も転職したことがない方は、色々と転職に関して不安があると思います

でも、世の中には会社は無数にあります

まずは転職サイトに登録して、情報収集に努めてみることをおすすめします

kodebusenki.cat48.info

 

あなたにあった会社や働き方は必ず存在しています

現状に不満を持っている方は、転職・副業を考えてみてはいかがでしょうか!

 

あわせて読みたい

 

最後までお読みくださりありがとうございました

今日はここまで!